MENU

冬になると激しい痒みに襲われる

頭皮トラブルでよく起きる症状として、季節性の痒みがあります。毎日シャンプーしてヘアケアも万全でいるのに、なぜか冬になると頭がかゆくなるという症状の原因は、頭の洗い過ぎが原因かもしれません。頭皮というのはある程度の皮脂に覆われています。

ところが熱いお湯で毎日洗っていると皮脂はお湯のちからで全て流れてしまい、頭皮が常時乾燥している状態になります。この状態になると頭皮は激しく痒みを発するようになり、フケも多くなります。

ではなぜ夏ではなく冬にこの症状が増えるのかと言いますと、冬の時期は夏に比べ空気が乾燥していますし、屋内に関しては暖房などで屋外以上に乾燥しています。そのため、頭皮の皮脂が全て流れ落ちてしまっては、新しい皮脂が生まれるまで時間がかかります。

新しい皮脂が頭皮を覆うまでに、更に洗髪をするとより頭皮は乾燥し、痒みを生みフケが増えていきます。このようにいくら清潔を維持させようとするためにヘアケアをしたところで、冬の頭皮の痒みは抑える事ができないのです。

ではこれを回避するにはどうしたら良いのかというと、ヘアケアを充実させない事が肝心です。つまり頭皮を人の自然な皮脂で覆うようにできればこういった問題が起きない訳で、洗い過ぎない事が肝心なのです。

またお湯の温度も重要です。冬の朝は寒いので目覚まし代わりに熱いお湯でシャワーに入る人がいますが、熱いお湯で頭皮を洗うと、頭皮の皮脂は全部流れていってしまいます。そのため出来るだけぬるめの温度でシャワーするように気を付けなくてはなりません。

過剰分泌される皮脂に悩んでいる

ヘアケアの中で最も厄介な症状が過剰分泌される皮脂に関する悩みです。昔はシャンプーを使うと、石油系の化学薬品がたくさん入っているから、シャンプーは使わずに石鹸で頭を洗うと、頭皮に良いと言われていた時代がありましたが、今の時代に石鹸で頭を洗う人はあまりいません。

実際に石鹸を使って頭を洗うとどうなるでしょう。

髪の毛に含まれているキューティクル成分がなくなり、パサパサの髪になってしまいます。また頭皮の皮脂も流れてなくなりますので、頭皮が常時乾燥状態になります。

確かに石油系の予想は石鹸には無いので、頭皮に対して健康であるとはいえます。しかし髪が本来持っている艶や潤いを全部流してしまう石鹸は、実はあまりよくなかったりするのです。

ところが皮脂を全部洗い流してしまう石鹸を使っている人の多くが、過剰分泌される皮脂に悩んでいるのです。どういう事でしょうか?まず人の身体は自らでヘアケアを実践しようとします。

それが髪の毛本来持っているキューティクル成分であり、潤い成分だったりするわけですが、この成分が石鹸の力で全部流された時、今度はこれまで以上の皮脂を分泌させ髪や頭皮を保護しようとします。

そして皮脂が出すぎた結果、頭皮がベタベタ状態になり、髪の毛もテカテカの脂っぽい髪質になってしまうのです。この過剰分泌された皮脂を抑えるのであれば、適度なヘアケアも重要ですが、まず石鹸を使った洗髪を止める事です。

それを長期間続ける事ができれば、皮脂分泌量も正常に戻りますし、過剰分泌も収まるでしょう。

頭皮から出るフケが止まらない

頭皮トラブルの中で中高年にかなり多い症状が頭皮から出るフケの症状です。
中高年の多くが、細胞の新陳代謝が活発化される事で、フケが増えているのかを錯覚していますが、実は新陳代謝が活発化するからフケが増えるのではなく、そもそも食生活や生活習慣が新陳代謝を活発化させているのです。

どういう事かといいますと、頭皮にあまり良くない食習慣と、身体に負担をかけるような生活習慣をしているからフケが止まらなくなるのです。もしフケが止まらないという事であれば、まずは自身の食習慣と生活習慣を見直さないと、いくら薬品を使ったヘアケアをしたところで効果はありません。

まず食事については油の多い揚げ物や糖質を摂りすぎていないかをチェックしてみてください。糖質や油は頭皮環境にあまりよくありません。またアルコールも頭皮環境には悪い影響を与えます。従って肉や油もの、また夜のお付き合いによるお酒や糖質は、出来るだけ制限し野菜を中心とした食生活に切り替えてみましょう。

そして生活習慣においては日常的に喫煙をしているのであれば、その喫煙が頭皮環境を悪化させているのかもしれません。

喫煙習慣が常態化していれば頭皮からのフケも止まる事がありませんし、薬品を使ったヘアケアも意味がありません。

そして睡眠時間も十分に確保することが大事です。できるだけ頭皮にストレスを与えず、健康的な生活を送る事が、頭皮の環境改善にはヘアケアよりも効果があるのです。

頭皮に吹き出物が出来やすい

頭皮の問題で女性や若い男性に多いのが、頭皮の吹き出物です。吹き出物が出来てしまうと、毎日のシャンプーの際に気になってしまいますし、傷をつけないように細心の注意を払っていかなくてはなりません。

いくらヘアケアをしながら毎日のシャンプーを行っていたとしても、頭皮に吹き出物が出来た状態では、どうしても気にしながら洗髪をしなくてはなりません。

ではこの頭皮のできものの原因が何なのかといいますと、可能性として考えられるものとしては、ニキビが挙げられます。特に痛みもなく気が付いたらそこに出来ていたというのであれば、それはニキビの可能性が非常に高く基本的放置しておく事で症状が緩和しています。

しかし痛みがありその吹き出物が日に日に大きくなっているようであれば、一度皮膚科医に見てもらった方が良いかもしれません。頭皮に吹き出物が出来てしまうと、ヘアケアをしたくても、万が一、吹き出物に傷が付いていたらという事を考えると、下手に育毛剤や発毛剤が使えませんし、ドライヤーでさえ使用を躊躇してしまいます。

ヘアケアしながら頭皮を労わっていたつもりが、実は頭皮に大きなダメージを与えていたという本末転倒な事にならない為にも、先ずはニキビの可能性を疑い、違うようであれば一度専門の皮膚科に見てもらう事が良いかもしれません。しかし先ずは1か月症状を見てみましょう。

案外1か月も経ったら自然と消えてゆく吹き出物もありますし、様子を見ても良いかもしれません。

前髪が薄いと思ったら早めに育毛剤を使用しましょう